Untitled-1

英語圏への留学が就職活動に有利に働くのか考察してみる

僕は昨年の12月までニュージーランドの大学で留学生をしていました。 もちろん授業は大変だったし、課題も色々とあって勉強に対してみっちり向き合った時間だったと確信しています。しかしながら、現代社会において英語圏への留学は当たり前となってしまいました。

2ZbEFAnfp7bDomU1450944164_1450944234 2

【まとめ記事】実際に行ってみた!世界のクリスマス大特集!

Merry Christmas!!いよいよ2015年、今年も残すところあと数日となりました。今年は皆さんにとってどんな年だったでしょうか。WWJでは今回世界中のライターがクリスマスの総力取材を行いました。東南アジア、北米、アフリカまで、世界ではどんなクリスマスの催しが行われているのか、徹底取材してきました!

3 (1)

バンクーバーのクリスマス

Hello   カナダ バンクーバーよりHitomiです。     今週はクリスマス特集ということでバンクーバーのクリスマスについて紹介したいと思います。カナダは多国籍国家なので様々な宗教の人がいますが、とにかくクリスマスは1年で1番大きなイベント・ホリデー!家の中、外、街中どこでもクリスマスのデコレーションだらけです。12月限定でイルミネーションやクリスマスマーケットもオープンします。      

SONY DSC

ドッグレスキュー?ドッグウォーカー? -カナダのペット事情-

Hello:)   カナダ バンクーバーよりHitomiです。       突然ですがドッグレスキューやドッグウォーカーって言葉、聞いたことありますか? ドッグレスキューは日本でいう「保護・譲渡」、ドッグウォーカーは「犬の散歩を専門の仕事とする人たち」を指します。 カナダ及び北米ではとても一般的で広く普及しています。     バンクーバーで動物関係の仕事に携わってみて日本と違うなと思ったことがいくつかあるので、今回はバンクーバーのペット事情についてお話ししたいと思います。    

12

テーマ記事「海外で住む・働くことへの責任」from カナダ

Hello   カナダ バンクーバーよりHitomiです     今週はテーマ記事 「海外で住む・働くことへの責任」     テロが起こり、海外に住む邦人に対してしばしば「自己責任」という言葉が投げられるわけですが、私達は自身の安全について日常的にどう考えどう対処しているかをお話ししたいと思います。    

1 (1)

知ってると便利?カナダの硬貨には実はあだ名があった!

Hello:)   カナダ バンクーバーよりHitomiです     今週はテーマ記事「在住国で知っていると便利なこと、押さえておきたい情報」ということで、カナダで生活する上で知っとくと便利な情報をいくつか紹介したいと思います!  

8 (1)

ワーホリ1年でどれくらい英語って身につくの?

Hello:)   カナダ バンクーバーよりHitomiです     英語圏の国へのワーホリを考えているみなさん、「1年でどれくらい英語しゃべれるようになるのかな?」って気になったことありませんか?筆者はカナダに渡る前それが気になって気になって仕方ありませんでした(笑) ということで、今回は筆者自身の留学の成果を赤裸々にお話したいと思います。笑  

IMG_9191-001

それ本当にやりたい事?海外環境で役に立つ妥協しない思考法

Kia ora!アホになる1,2,3回目ではなく、真面目な3回目の更新です。今回は、自己blog「Pirog〜世界を相手に奮闘記〜」の一番アクセス数が多かった題材「海外環境で役に立つ妥協しない思考づくり」を取り上げます。

2 (1)

日本が好かれる理由はここにあった?

Hello:)   カナダ バンクーバーよりHitomiです       実は9月の間日本に一時帰国していました。1年半ぶりくらいの日本だったのですが、改めて気づいた日本とカナダの違い。今回はそれを紹介したいと思います。海外に行ったことある人なら「あーあるある」とか「確かに!」と納得がいくものかもしれません。  

IMG_8656-001

ワーキングホリデーのトリセツ〜留学カウンセラーPiroの取り扱い説明書〜

Kiaora!(こんにちは!)日本と季節が真逆のニュージーランドに春が来ました。まるでPiroのピロガーデビューの門出を祝うかのよう咲き誇る桜。気になる新人ピロガーデビュー第1回目の記事はコチラから。

CIMG9406-001

OUT PUTして初めて資産になる〜Piro、ブロガーデビューするってよ〜

Kia ora!(こんにちは!)今回、「W.W.J.」といった若いうちから世界を相手に闘うメンバー組織に、加入させて頂きましたPiroと申します。若い世代の軌跡や活躍をご覧頂くと「なんやぁ〜大層な事しとるなぁ。」「目立ちたがりなん?」「学生ノリ?」「何がしたいんやろ?」と、想われる方がいると思います。