%e8%a1%a8%e7%b4%99

【ガーナ】変わりたいこと、曲げたくないこと

30万円を間違って使われてしまった。 10月のことだ。 これはプロジェクトのために、約半年かけて50社以上の地元企業をまわり一生懸命集めたお金で、キックオフイベントの日時も決まったところだった。

s__7495687

【インドネシアに来たことないあなたに】インドネシアに住むべき7つの理由

Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。 海外に目を向けた時に何かと注目を浴びることの増えたインドネシア。 そんなインドネシアは海外に住もうと思った日本人には暮らしやすい環境が揃っています。 今回は僕自身が1年半住んでみて思うインドネシアが住みやすい理由をご紹介します。  

インドネシア

道で警官が寝て事故防ぐ!?インドネシアのヘンテコ交通システム

Selamat siang!スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。 インドネシアでは日本とは全く違ったシステムが多く存在します。今回はインドネシアに住む僕が感じる『これって意味あるのか?』というものや、『ムダなんじゃないの?』というものをご紹介します。  

tweet

ドゥテルテ政権・フィリピンはどこへ向かうのか。マニラ在住者のまとめ

2016年6月30日に他候補に大差をつけて大統領に就任したフィリピンのロドリゴ・ロア・ドゥテルテ大統領。過激な発言や政策が世界中で拡散されて物議を醸していることは既に有名ですが、その実情と就任後のフィリピン国内の変化について現地マニラ在住の筆者がお伝えします。

インドネシア

【後編】インドネシア人の新卒の働き方 ~考え方や特徴~

【前編】インドネシア人の新卒の働き方 ~考え方や特徴~の続きです。 前回を見ていない方はコチラからどうぞ。 前回同様、インドネシアの新卒採用や新卒者の傾向などをご紹介します。 あくまでここに書いているのは一つの傾向であり、それが絶対ではありません。 もしかしたら僕の主観に寄っていることもあるかもしれませんが、 それも一面ということで捉えて頂ければと思います。 それでは後編もご覧ください。

インドネシア

【インドネシア】海外就職・起業・移住 無料個別相談会第2弾を日本で開催します

Selamat siang!スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。今回は僕が所属するIJTerminalが日本で開催するインドネシア個別相談会第2弾のお知らせです。 アジア・インドネシアに興味を持っている方、海外就職・海外転職を考えている方、これから海外に進出しようとお考えの企業の方、ぜひお越しください!  

インドネシア

あなたは賛成?反対?インドネシアの「犠牲祭」をご紹介

Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。今回はインドネシアの犠牲祭(ぎせいさい)について。 犠牲祭とは何か?またその起源やルールなどをご紹介します。 今回は他の記事よりかなりグロテスクな話や写真も含むので苦手な方はご注意を・・・。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

ガーナでは誕生日をみんなに明かさない方がいいかも!?

私事ですが、先日ガーナで誕生日を迎えました。 タイトルにもあるように、「ガーナでは誕生日をみんなに明かさない方がいいかも」しれません・・・ 今日は衝撃的!ガーナの誕生日の祝い方(地方によって文化が違うので、今回は私の住む南西エリアの話です)をご紹介したいと思います。

表紙

ガーナでの1年間の活動報告

早いもので、ガーナに来てから約1年が経ってしまいました。 2年間の活動の折り返し地点を迎え、先日首都アクラにて中間報告会が開催されました。 この1年を振り返ると共に、自分の抱える課題を共有することでJICAスタッフや他の隊員からアドバイスをもらえる良い機会となりました。     今回は発表スライドを用いながら、私の1年間の活動について書いてみようと思います。 英語がヘンなところはお許しください。  

インドネシア

【前編】インドネシア人の新卒の働き方 ~考え方や特徴~

Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。今回はインドネシア人の新卒について。 自分でインドネシア人の新卒スタッフをマネジメントしていて思うことや、お客様と話していて良く聞くことなどをまとめてみました。  

無題

ガーナの食卓を彩る知恵~油ヤシの活用

その土地の食べ物を美味しく食べる方法を一番知っているのは、 そして自分たちの持っている資源を最大限活用する方法を一番知っているのは、 紛れもなく現地の人々なのだと、ガーナに来て実感しました。 今回はそんな彼らの驚くべき「知恵」を、油ヤシを例にご紹介したいと思います。