men1 copy

この食感の秘訣はモミモミにあり?プリプリ麺のクイティウが食べられるパブストリート近く朝食屋台

スオスダイ! まっさんです。 住むとなると毎日の朝食もきになるところ。 カンボジアでの朝食は意外と多岐にわたり、サンドイッチから豆乳、米の麺やおかゆなど食べられます。もちろん欧米観光客向けにオムレツとパンの組み合わせなども各レストランで用意されています。 普段、外で朝ごはんを食べる機会はそうないですが待ち合わせまでだいぶ時間あったので屋台で朝食を食べることに。

IMG_8819-001

モザンで日本文化紹介~日本祭り~

先週の土曜日、協力隊のメンバーで現地の学校に行き日本文化の紹介をしました。   隊員が活動している配属先の学校に有志でお邪魔し、日本祭りと称して日本に関連した出し物をします。 

表紙

ガーナのモチベーション問題

突然だが、ガーナに来てから嫌いになった言葉がある。 それが「モチベーション」である。   モチベーションとは、人が行動を起こすときの原因、すなわち動機を意味する。(コトバンクより) ということであるが、ガーナにおいてこの定義はさらに限定される。 結論から言うと、ガーナにおいてモチベーションとはお金、もしくはジュースやお菓子、石鹸のことなのである。

インドネシア

【インドネシア】その1)ジョグジャカルタ訪問記

今回はIJTerminal代表の奥村が仕事でジョグジャカルタに行ってきたので今回はその模様をご紹介します。ジョグジャカルタがどんな町か、ジャカルタからのアクセスなどもご紹介。トラブルありのジョグジャカルタ奮闘記ご覧ください!笑  

インドネシア

【インドネシア就職・起業・移住】2017年度個別相談会を開催します

昨年好評だった【日本で開催するインドネシアセミナー】を今年も開催します。 インドネシアでゼロから起業をしたIJTerminalがお話しをするインドネシアセミナーのお知らせです。アジア・インドネシアに興味を持っている方、海外就職・海外転職を考えている方、これから海外に進出しようとお考えの企業の方、ぜひご予約ください!  

表紙

「足るを知る」ガーナの生活

いつも遊びに行っては、家族団らんに混ぜてもらい、ご飯をいただく農家さんがいる。 かれこれ1年の付き合いだ。 決して裕福とは言えない。 父は炎天下の中片道30分も歩いて毎日畑に通う働き者。しかし灌漑施設などがある訳もない。乾期になると作物がとれなくなるため、5~6時間離れた都市へ出稼ぎにでる。なんとかお金を工面して長女を大学に入れたものの、途中で経済的に厳しくなり今はストップしている。農業による稼ぎは十分ではなく、母は毎日大量のガーナ食を作り薄暗くなった町に売りに出る。

IMG_4749 copy

カンボジアのここのシェイク屋台のシェイクは飲み物でなく食べ物です。オールドマーケット近くの濃厚シェイク屋台

スオスダイ!   まっさんです! シェイク好きのお客さんから教えてもらったシェイク屋台いったので紹介します。 場所は川沿いオールドマーケット近くのショッピングセンター裏手にあります。

IMG_5129 copy

在住者には神の組み合わせか?Sushi Bar心のランチがすごい

スオスダイ! まっさんです! 在住となるとローカルのごはんだけでなくおいしい日本食も欲しいところです。 カンボジアのシェムリアップですと日本食食べたいとなるとここでしょう。 接待にもいいところができたんです。 それがこちら 「Sushi Bar Shin」心と書いてShinですね

インドネシア

【後編】インドネシアで働くことが決まったら ~内定通知書と給料~

前回書きました『インドネシアで働くにあたってのお金に関すること(前編)』に引き続き、今回はその後編、実際に内定が出た後のお話しとして、内定通知書とそこに記載されるお金の読み方をご紹介します。 自分のは実際いくら使えるのかをチェックするにはどの項目を見ておけばいいのかを代表的なものから勉強しておきましょう!  

1-5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_m

【前編】インドネシアで働くことが決まったら ~給料の使い道をしっかりチェック~

もしあなたがインドネシアで働くことが決まった場合、気になるのはお金のこと。 もしお金がもらえなくてもいい!ただ働きでもいい!という方は今回の記事は飛ばしていただいても結構です。(っていないのはわかってるんですけど。笑) 今回は人材紹介会社で給与交渉もしている僕から、『もし仕事が決まった場合のお給料の使い道』を僕の生活を例にご紹介します。  

IMG_7839

マニラのスターバックスで配布されているコーヒー豆を使った肥料

フィリピン人は甘いものとコーヒーが大好き。その2つを満たしてくれるのがコーヒーショップの存在です。たくさんのショップがあり、全体の数は「多すぎる」と感じるほどの店舗数です。そんな中で最も人気のあるスターバックスが、使い終わったコーヒー豆を肥料として無料配布していました。