IMG_4889-002

モザンビークで食べられるものは?

Bom dia! ボンディーア!おはようございます!アフリカ・モザンビークの青年海外協力隊、山室です。 学校がテスト週間に入りました。職員室はテストをするために大量のコピー用紙が用意されていて、先生方もどことなく忙しそうです。 今週は、テーマ記事としまして、モザンビーク料理を紹介します。

IMG_5073-001

アフリカで2週間の休暇を過ごして思ったこと

Bom dia! Há muito tempo!おはようございます。お久しぶりです。モザンビークの山室です。1か月以上もお休みしていました。最初は国内旅行に行く都合で更新ができなかったのですが、帰ってきてからネットの調子が不安定でーなんてことをぐだぐだ言い訳しているうちに時が過ぎて行ってしまいました。 いったん手を止めてしまうと、なかなかまた動き出せないですね。もともと文章を書くことがそんなに得意ではないので、ついつい楽な方に動いてしまいます。これからはなるべく手を止め無いように、ルーティン化していけるようになりたいですね!

IMG_6489

ガーナの言語事情~言葉は文化を映す鏡

Memawoakye!!(メマヲマーチ!!) 西アフリカのガーナ共和国よりおはようございます。   最近ガーナ国内をゆっくり旅行する機会があったのですが、場所違えば言葉も文化も違う。 心なしか顔だちも違う!といった感じで、まるで外国に行ったようでした。 青年海外協力隊の小林です。  

IMG_4214

モザンビークでの生活費

Bom dia!ボンディーア!おはようございます。 早いものでモザンビーク生活も8か月が過ぎました。任期の3分の1。もうすぐ半分の1年です。 ポルトガル語は上達している実感はありますが、まだ細かいところの意思疎通が難しく、時々歯痒い思いをすることもありますが、焦らず一つひとつと向き合っていけたらいいな-と思っています。 そんな感じで8か月も過ぎると、大分生活も安定してきます。そこで今回は、生活費についてお話します。

キャプチャ

モザンビークの気候~オススメは9月!?~

Bom dia!ボンディーア!おはようございます!先週の1週間、モザンビークの学校では1学期が終わり、生徒達は休みでした。流れがまだよくわかっていない私にとっては、バタバタしながらあっという間に過ぎてしまい、中々次に向けての準備ができません。もっとしっかり先生達とコミュニケーションをとっていかないとなーと思う毎日です。 今回は、モザンビークの気候についてお話します。

IMG_5714

ガーナの気候~とにかく暑いです

Memawoakye!!(メマヲマーチ!!) 西アフリカのガーナ共和国よりおはようございます。   ちょいちょい職場の人がいなくなる。 手続きを進めたくて、「あの人どこにいるの?」と聞くと、たいてい 「あー彼女は休暇中だよ」と言われる。 On a leave、つまり休暇中という言葉をやたらと聞く毎日。  

2715109726_c5b2200b67_o

ケニア人は何語を話す?ちょっと意外なケニアの語学事情!

以前の記事で東アフリカで使用されるスワヒリ語の魅力についてお届けしました。 実はあなたの名前も!?東アフリカの公用語であるスワヒリ語が日本語に似ていて覚えてやすい! 今回はケニアに使用でされる言語について、着目したいと思います。ケニアの言語と言えば、やはりケニアの共通語として使用されているスワヒリ語を、まずイメージする方が多いですよね。「ジャンボ!」とか「サファリ」とかですね。 でも実はケニア人はそれ以外にも英語と部族語も喋れるのをご存知でしたか。そう、なんとトリリンガルなんです!そんな優秀すぎるケニア人の言語事情についてお伝えします。

IMG_3885-002

モザンビークの創立記念日は何をする??

  ボンディーア!おはようございます。突然ですが、祝日って楽しみですよね。学生でも社会人になっても休日って楽しみで仕方ありません。けど、大体祝日になるとみんな休みなもんで、どこも混雑しちゃって移動が大変だったり逆に疲れちゃったりなんだかなーってこともあったりしますよね。けど、そんなのもお構いなしな祝日があります。創立記念日です!   私の現在活動しているモザンビークの学校でも、先日創立記念日がありました。しかし、モザンビークの創立記念日は、日本とは違います。今回はそんなモザンビークの創立記念日をお伝えします。

表紙

協力隊の生活〜大変なイメージ?慣れるもんですよ!

Memawoakye!!(メマヲマーチ!!) 西アフリカのガーナ共和国からおはようございます。   私の住む地域で話されているファンティ語には、日本語の「おつかれさま」にあたる言葉があります。 頭に荷物を載せて歩いている人をみたりすると、「アユコー」と声をかけ、声をかけられた方は「ヤーイェイ」と答えます。   この感覚は日本と近くて好きなんです、協力隊員の小林です。  

表紙

ガーナのゴミ事情とアップサイクルの取り組み

Memawoakye!!(メマヲマーチ!!) 西アフリカのガーナ共和国よりおはようございます。   昨日任地から2時間のビーチに遊びに行こうとしていた時のこと。 いつも以上に道を歩いている人が多い。   何やら主要道路以外の道で、トロトロ(乗り合いバス)やタクシーの交通が止められているらしい。 というのも、ガーナでは毎月第一土曜日はNational Sanitation Dayなんです。 つまり朝みんなで外に出て道に落ちているゴミを拾おう!綺麗にしようね!という日。 だけどあまりその成果が表れていないからか、4月に入ったタイミングで政府が強行策に踏み出したようです。  

表紙

ガーナ生活1ヶ月目!ドキドキわくわくしていました

Memawoakye!!(メマヲマーチ!!) 西アフリカのガーナ共和国からおはようございます。   やっと始まったプロジェクトのリーダー的存在が突如消えました。 配属先に代わって先月立て替えた、ワークショップのお金1,000セディ(約3万円)が待てど暮らせど返ってきません。 プロジェクトのために大工さんに頼んでいた品物は、当然のように一週間遅れ「今日仕上げるまで帰らないから!」と居座ってなんとか終わらせてもらいました。   日々憤ることは数知れずありますが、この話をするとみんなガハハと豪快に笑って、 That’s Africa!! That’s Ghana for you. と言われます、協力隊員の小林です。