20160508

オランダ人と日本人の働き方に見る3つの違い

初めまして、この度WWJに加わりましたオランダ在住の行武(ゆくたけ)です。   「日本はヨーロッパ諸国に比べて労働生産性が低いから…」というフレーズは、日本での長時間労働の話が出た際によく見かけます。   ヨーロッパでも生産性の高さでは上位に位置するオランダの年間週平均労働時間は1,425時間。(日本は1,729時間=8時間労働として年間約38日間も多い!!)その背景にあると思われるオランダ人の働き方・考え方に関して、同僚の働き方や消費者の立場から私が気付いた3つのポイントについて紹介します。   1. 始業時間と終業時間どちらが重要か 2. スペシャリスト思考 3. 求められるサービスレベル