青年海外協力隊は海外に来て1か月何をするのか~モザンビークに来て1か月のころ~

今月のテーマ記事は「私の海外1年目・1ヶ月目」ということで、まだ海外生活1年未満の私は、1か月目のことを書いてみます。

RIMG1562-002

モザンビークの授業風景と青少年活動という職種

Bom dia!ボンディーア!おはようございます! モザンビークの学校は始まって2か月たってもバタバタしています。日本でも教員をしていましたが、改めて教育制度とか、そういうのがしっかりしているんだなーと思います。

RIMG0878-002

モザンビークの学校生活

Bom dia!ボンディーア!おはようございます!モザンビークの学校では新学年が始まって、3週間がたちました。モザンビークの学校はどんな感じなのか、お伝えしたいと思います。 ところで、モザンビークの学校は何時から授業が始まると思いますか??

RIMG0212-002

今の自分にできること

Felize ano novo!フェリーズ アーノ ノーボ!明けましておめでとうございます! 青年海外協力隊、モザンビーク派遣の山室です。初めて実家以外の場所で正月を過ごしました。来年もおせち食べられないのか、と考えるとちょっとだけ寂しくなりますね。数の子とゆりねが大好きなんです。 さて、日本ではこの時期は正月休みで家でゆっくり過ごされた人も多いのではないでしょうか。 モザンビークは、なんと31日も仕事がありました(半日ですが)。ちゃんとした休みは1日の正月休みのみ!今年はたまたま2、3日が土日だったので3連休だったみたいですが、、、 今日は、そんな正月もバリバリ働いている私の今の活動を紹介します。

IMG_1941-002

モザンに来たらこれを飲め!?モザンビーク産モザンビール3選

Bom dia!ボンディーア!おはようございます!今日はクリスマスイブ、今年もあとわずかですね。今年は個人的に人生の大きな転機の年でした。来年は1年間目一杯アフリカを満喫したいと思います。   ところで、みなさんはビールは好きですか?私は大好きです。 実は、モザンビークにはモザンビーク産のビールがあります。これが結構日本のビールのようにしっかりした味でおいしいのです。 というわけで今回は、日本ではまずお目にかかれないモザンビークビールを紹介します。

bokutatinidekirukoto-001

海外で生活するなんて、最初は考えてもいませんでした

Bom dia!おはようございます! 今回はなぜ、青年海外協力隊に参加しようと思ったのか。 これに関してはとても難しい、というよりは色々な理由はあるけど決定的なものが無いんです。最初に言っておくと、応募を決意した当時、国際協力についてなんてほとんど考えていませんでした。もちろん、世界が平和だったらなーとか、戦争なんてなくなればいいのになーとか、そんな一般的で、漠然とした思いはありましたが。

RIMG0101

モザンビークの朝は早い

Boa tarde!(ボア タルジ!)!こんにちは!山室達紀ことたっつんです。   青年海外協力隊は、海外に派遣されたらすぐ仕事!というわけではなく、1か月ほど語学を中心とした研修があります。 派遣国にもよりますが、モザンビークでは、午前中は全員で授業。そして午後はマンツーマンで現地人のチューターと買い物に行ったり乗り物の乗り方を教わったりして現地の生活に慣れます。 宿泊に関しては、最初の1週間は隊員宿舎のドミトリーで同期隊員で共同生活をし、その後はモザンビークの家庭に入りホームステイをします。最初は、ポルトガル語が不安な中、一人でホームステイなんて絶対無理!と考えていました。しかし、いざ始まってみて2~3日もすると、なんとなく会話が成立していることが多くなってきました。何とかなるもんです。 そんなモザンビークでの日常生活はどんな感じかというと

IMG_6199 copy

WWJライター対談Vol,1 新旧協力隊!アフリカで目指す世界の新しいカタチづくり

WWJではライター同士の対談を通して、海外でビジネスに従事する20代のビジネスマンの意見交換や発信を行っていきます。第1回は青年海外協力隊を経てケニアで起業した凡さんことHiroshiと今年から青年海外協力としてガーナに派遣されているAkaneが協力隊事業やアフリカビジネスのリアルに対談を通して迫ります。  

青年海外協力隊って?青少年活動って??

Boa tarde!(ボア タルジ!)!こんにちは!山室達紀ことたっつんです。   私は青年海外協力隊として、アフリカのモザンビークに2年間派遣されます。 今日は私の仕事について。

飛行機

ガーナで過ごす2年間のその後。ちょっと大きな話をします!

皆さんこんにちは! もうすぐ渡航前の研修が始まるので少しバタバタしている小林です。 4月5月をわりとのんび〜り過ごしてしまったので、しゃんとしなければ!(>_<) 今回はこれから始まる青年海外協力隊での2年間を終えてから、どのようなことをしたいと考えているのか、どのようにガーナでの経験を活かしたいのか、というお話をしたいと思います。

426212_144076765714950_1859552372_n

フツーでいたくなかったから、協力隊に応募しました。

皆さんこんにちは。   今回のテーマはじゃん!これです! 何故青年海外協力隊に応募したのか このテーマはできれば、居酒屋でビール片手にじっくり話したいくらいです、、、笑 が、せっかく多くの方に読んでもらえるチャンスをいただいたので、是非文章にしてみようと思います。

表紙

ガーナのこと、協力隊のこと、私のこと。はじめまして!

ガーナからこんにちは!   と言いたいところですが、今はまだ栃木の片田舎から。小林愛鐘です。 これから様々な準備や研修を経て10月から、ガーナへ渡航する予定です。 渡航前のわくわくドキドキ感とともに、皆さんにいろいろとお伝えできればと思っています。