image

 オークランドに住んでいてちょっぴり困った事

Kia Ora! こんにちは!ニュージーランドのオークランド在住のまぎーです。今年でニュージーランド生活3年目になります。毎日仕事に追われながらも日本にいた時よりもわりと自由に過ごしておりまが、今回はオークランドに住んでて日本と違うな、とか不便だなと思う部分をご紹介しようかと思います。

20160820_feature

Airbnbさえもう古い?コーリビングサービスで世界中に旅しながら住む

コーワーキングスペースが先進国・途上国問わず増えてきました。そしてAirbnbが国によっては問題を抱えながらも拡大したおかげで、ホテル以外の選択肢も増えました。 僕もAirbnbを利用したことが何度かあります。快適だし街中に安く滞在できるので満足していたのですが、言っても自分の家ではないし「ゲスト感」が払拭できませんでした。 そんな中最近登場したのがコーリビング(co-living)という概念。

Untitled-1

海外にいる人が絶対にブログを始めるべき5つの理由

ブログとはかれこれ5年近く付き合っている。もちろん途中で更新しなかった日々もあるが意外と長続きしている。 きっと自分の中でも無意識的に好きなものとして認定しているのだろう。 そんな中で一つだけ後悔していることがある。それはニュージーランドに留学している間にブログを更新していなかったことだ。フィリピンにいる間は自分のブログもそうだが、エキサイトセブというセブ島情報サイトのライターとして活動していた。

Untitled-1

フィリピンで大人気、もちろんセブでも大人気なJollibee!!

フィリピンでも大人気、そしてセブでも大人気なJolibeeに行ってきました! そもそもセブには長いこと住んでいたので、すでに何回もJollibeeには行ったことはあったのですが、今回は久々にレポートしていきます。いやー久々でしたが、やっぱりフィリピンだな〜って思いました。

Untitled-1

【保存版】英語論文の注意事項と書き方のコツを一挙に紹介する

ニュージーランドでの留学から早半年!気がつけば時の流れは異常なほどの速さをもって僕の日常を侵食し始めました。 具体的には・・・9月から社会人だ! という前に、ニュージーランド留学中に苦労した「英語論文の書き方」について、今ある知識をまとめ、書き方のコツをブログに残しておきたいと思ったのです。きっと英語論文の書き方で困っている人の役に立つだろうと信じています。 英語で論文をスッキリ書くためのコツを、僕の経験を踏まえてみました。

Untitled-1

フィリピンをバックパッカーにおすすめしない理由5つ

今、リアルタイムではフィリピンのセブにいます。 今確実に言えることといえば、フィリピンという国はバックパッカーにとってはオススメしない国ということ。 とはいいつつも、僕はフィリピンが大好きなのですが、フィリピンではバックパッカーらしいことはあまりしません。この国で節約しすぎると死に至る可能性があるからですね。 フィリピンは大好きですが、バックパッカーというバックパッカーで来てしまうとイタイメに遭う可能性が高いので、できれば普通の旅行感覚で来ることをオススメします。 では、なぜバックパッカーだとダメなのか、その5つの理由を説明していくことにしましょう。

1

ニュージーランドをワーキングホリデーにオススメしない5つの理由

みんなの憧れの国、ニュージーランドは日本人に対してワーキングホリデー(通称ワーホリ)のプログラムを提供しています。 しかしながら、2年近くニュージーランドに留学している僕の目線からみて、ニュージーランドへのワーホリはオススメはしません。その5の理由を順を追って紹介していきます。

feature-netherlands0

【オランダの生活費】家賃の高さがネックでも食費は自炊で抑えられる!

  今月のテーマの生活費。オランダで住むのにかかるお金について、いくつかの項目からご紹介します。意外にヨーロッパでの生活は高くつかない!?(日本円表記は全て、1ユーロ=120円換算で記載しています)  

Untitled-1

フィリピンの最新ファッション!セブ島のBENCH/に潜入してみた

フィリピンの最新ファッション、気になりませんか? フィリピンで大人気のブランドのBenchというブランドについて、今日はご紹介しようと思います。セブ島に行ったことのある人は見たことがありますよね? 赤いマークに白で「BENCH/」と書かれたブランドを!!

gym-featured

フィットネスに貪欲なオランダ人

  昨日、オランダのフィットネス施設運営会社Basic Fitがユーロネクストへの上場を果たしたことがニュースになっていました。   それもそのはず、オランダ人はフィットネスが大好き。自転車人口の多さもさることながら、ジムやスポーツ施設も色んな所で目にします。  

festival

ダンスミュージックだけじゃない!オランダの音楽フェス

  先週のポストでお伝えした通り、オランダの夏は暑すぎず湿度もそこまで高くないので、野外フェスには最高の季節です。   オランダといえば、HardwellやAfrojackといった世界的に有名なDJを多く輩出していることから、ダンスミュージックが人気ですが、一方でジャズやクラシックも有名で、6月後半から段々と音楽フェスティバルが盛り上がってきます。   そんなオランダの音楽フェス(のごく一部)をまとめてみました。  

123456

短期カンボジア滞在者よ。たとえ保険あってもこれなければ救急車すら呼べない?!

スオスダイ!   まっさんです。 海外在住者だと移動に困ることあるしトラブルも多いと思います。みなさんは大丈夫ですか? シェムリアップでも最大級の外資系病院であるロイヤルアンコールからバイク事故について注意が促されています。 これやってる人多いんじゃないですかね?短期滞在で乗ってる人見たことある気がしますが。あなた大丈夫?

表紙

ガーナ生活1ヶ月目!ドキドキわくわくしていました

Memawoakye!!(メマヲマーチ!!) 西アフリカのガーナ共和国からおはようございます。   やっと始まったプロジェクトのリーダー的存在が突如消えました。 配属先に代わって先月立て替えた、ワークショップのお金1,000セディ(約3万円)が待てど暮らせど返ってきません。 プロジェクトのために大工さんに頼んでいた品物は、当然のように一週間遅れ「今日仕上げるまで帰らないから!」と居座ってなんとか終わらせてもらいました。   日々憤ることは数知れずありますが、この話をするとみんなガハハと豪快に笑って、 That’s Africa!! That’s Ghana for you. と言われます、協力隊員の小林です。