ちょっと不思議なガーナイングリッシュ特集

Memawoakye!!(メマヲアーチ!!) 西アフリカのガーナ共和国からおはようございます。   最近1日に3回はプロポーズされて困っています、青年海外協力隊員の小林です。モテキを体験したい方は是非一度ガーナにお越しになることをおすすめします。   さてさて今日は、 「自分は英語がぺらぺらだから、どこにいっても苦労せずコミュニケーションできるはず!」 と考えている人に私は声を大にして言いたい。 「それは間違っています!」   ということで今日はちょっと不思議なガーナイングリッシュを特集します。

海外就職で日本人に求められている5つのこと ~面接キーワード付き~

Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタのタクヤです。 突然ですが、あなたが日本人として海外で働きたいと思ったときに思うことは何でしょうか? ・TOEICの得点が高くない ・留学経験がない ええい!そんなこたあ関係ねえ!!!! いや、まったくと言ったら嘘になりますが。笑 しかしそれだけを理由に立ち止まってしまうのはもったいなすぎます。 実は英語以外の必要なスキルをたくさん持っている可能性があるんです! では海外就職にあたっては日本人は何を求められているのでしょうか?  

知らない言語を話せるようになる簡単な方法 実践編

Selamat siang ! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタのタクヤです。 今回は前回の続きで、『学校に通わずに、全く知らない新言語をあっという間に覚えた方法』の実践編です。 ※準備編は→『コチラ』、  英語以外の現地語を覚える必要性は→『コチラ』 改めてこの方法のメリットや対象イメージを紹介します。  

知らない言語を話せるようになる簡単な方法 準備編

Selamat siang ! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタのタクヤです。 前々回、『英語以外に現地語を習得するメリット』について書きましたが、それの続きです。 僕はインドネシアに住んで約半年です。インドネシア語は日常会話は普通に可能なレベル、ビジネスの話も話題が限られていれば多少できるといったところです。 しかしインドネシアに着いたころの僕は全くインドネシア語ができませんでした。数字すら数えておらず、こんにちはとこんばんはしか言えないレベルです。笑 そんな僕が学校に通わずに、全く知らない新言語(以下、現地語と表記します)をあっという間に覚えた方法をご紹介します。 ちなみにこれはあくまで独自の方法で正解かどうかは別問題なのであしからず。  

海外で働くなら 【現地語を学ぶ5つのメリット】

Selamat siang ! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタのタクヤです。 海外で働くにあたって、英語ができれば就職はそう難しくないでしょう。絶対に現地語を学ばなければ職に就けないというわけではありません。 しかし以下の5つの理由から現地語は是非学ぶべきだと考えています。

シドニーで勉強スペースの確保☆

Hi, how are you?:)   先週はお休みしてしまいました。すみません。。 2週間ぶりの更新です☆   さて、早速ですが、皆さんは普段どんなところで勉強や読書をしていますか?? 日本に居たら勉強スペースを簡単に見つけることができますが、海外、シドニーではどこで勉強を…?

英語含む全てのスキルは目的志向であるべき ~海外ビジネス英語チェックリスト付き~

こんにちは。イスラエルで活動中のスタートアップ Aniwo CEO 寺田です。

今回は私がイスラエルで一年間ビジネスをやってきて感じた、最適な英語学習の方法について書きます。

バンクーバーで英語は必要ない?

Hello:)   カナダ バンクーバーよりHitomiです。   今回のテーマはズバリ英語。   海外で働くには避けて通れない道ですね。英語に関しては話したい事は本当にたくさんあります。日本の英語教育についてや、現地で英語が上達する人しない人、なぜ日本人は世界から英語が話せないと言われてしまうのか などなど。日本を出たからこそ気づいた日本人の英語事情をここでお話したいと思います。  

英語ダメ男が実践したケニアでの語学学習法。

ハムジャンボ!! ケニア担当の凡です。   今回のテーマはずばり、 「海外起業で必須の英語はどう身につけたか?」です。   実は著書は超というほど英語ができないダメ人間でした。   大学時代、途上国に幾度となく旅行しましたが、 一向に語学が上達することはありませんでした。   そんな著者がなぜケニアに行き、しかも起業できたのか、 その過程で身につけた英語の取得の過程をお伝えしたいと思います。

効率よく英語習得!セブ語学留学からシドニーへ

Hello, シドニーのしょうこです。   今回は久しぶりの特集記事!   テーマは「海外で必須の英語はどうやって身に付けたか?」です。   母国語が英語でない海外でもある程度必要になる英語。 ネイティブ言語が英語のオーストラリア。 本当に必須です。     筆者の場合、中学生くらいから英語の必要性を感じて、高校で国際科コースに通わせてもらったり、何度か短期留学をさせてもらいましたが、

英語苦手という前に海外で独立しちゃえば?センター英語で17点だったぼくの生存戦略

サワディカッ!   まっさんです。今回の特集記事は英語。「海外就職•起業で必須の英語はどう身につけたか?」   まず結論からいうと今現在「仕事で」英語をほとんど使ってません。   それにはぼくなりの戦略があって英語使うことなくてもビジネスに支障ないようにしています。

青年海外協力隊式★英語学習法

福島県二本松市からこんにちは! 現在訓練所にて、二ヶ月間の訓練生活中。青年海外協力隊候補生の小林です。   今週のテーマは「どのように英語を身につけたか」 私は現在訓練で英語の特訓中なので、今回はその様子をお伝えして、皆さんの英語学習のヒントになればと思います。

なぜシドニーにいるの?

こんにちは、シドニーのしょうこです。 今回のテーマは「なぜシドニーいるのか」というデープなお話。   理由を一言で表すと、「英語環境でのオフィスワークの経験を得るため」です。     まず、シドニーまでの経緯を簡単に^^